土佐・安芸のハマちゃん”浜田釣舟”
金目釣りの注意事項



船上では、仕掛けの投入が第1の関門。
基本的に、右舷に釣り人が並び、ミヨシから順に仕掛けを投入する。

投入時、誰かが失敗すると、次の人が投入できないばかりか、船長が狙い打つポイントを通過してしまう可能性がある。慌てず着実に仕掛けの投入を行わなければならない。

もし、トラブルが発生し投入に失敗したら、1回分の流しはお休みする覚悟も必要だ。それくらい投入は重要なのだ。

確実に投入を成功させるには、自分の釣り座のポジションを明確にしておくこと。
手元足元には、よけいなものは置かない。

さて、いざ投入。
リールの左側、つまりミヨシ側に立ち、右手に木枠。左手にオモリを持って投入を待つ。

船長の合図とともに、オモリを軽く沖目に放り込む。

その後は、仕掛けが木枠から出るままにして、けして左手は放出している糸周辺には近づけないようにする。勢いよく出続ける仕掛けのハリに手が刺さりでもしたら、大変なことになるからだ。
多少、仕掛けが絡んだまま、落下していってもそこは諦めることが肝心。
安全第一です



詳しいことは、船頭に問い合わせ下さい


※詳しくはお問い合わせください
トップページへ 船と船長の紹介 地図です 釣果情報 お品書き
         
          住所*高知県安芸市津久茂町9-3
  携帯*090-2782-1262 電話*0887-35-4330